サービス

導入事例D

  • 輸送+倉庫+ラストマイル配送
  • 健康食品
  • 日本

概要

JPトールは、サプリメントの製造を専門とするD社様に対し、eコマースのB2C配送とAmazonセンターへのB2B配送に関連する製品の保管と配送サービスを提供しています。

本オペレーションは、2019年にトールグループとしてD社様のトレーニング機器輸入のための国際貨物輸送を行ったことを機に開始しました。

日本郵便グループの国内外におけるネットワークを最大限に活用することで、D社様の日本での大幅な事業拡大が可能となり、当社は製品の保管・輸送のあらゆる側面をサポートしています。

提供サービス

D社様の成長するeコマースビジネスのサポートにあたり必要不可欠なシームレスな注文管理体制を提供するために、当社は以下のようなASPシステムを導入することにより複数の大手EC販売チャネル(Amazon、楽天、Yahoo)に対応しています。

  • 複数のオンラインストアにおけるオペレーションの統合
  • 各ストアからの受注管理と在庫管理の一元化
  • トールグループのWMSシステムとの相互接続によるオペレーション
    関東に拠点を置く複数の工場で製造された製品を関東第一ロジスティクスセンター(幸手市)に集中させることにより、Amazonのロジスティクスセンターおよびeコマースの顧客への効率的な配送プロセスを構築しています。

効果

当社のソリューションは、D社様の売上高の拡大に貢献し、それによって事業運営の拡大および改善に焦点を移すことを可能にしました。

  • 取引開始から約2年にわたるオペレーション面へのサポートにより、出荷数量が拡大しそれに伴い、D社様の売上も増加
  • D社様は、関東第一センターにおける保管スペースの拡大の検討とともに、引き続き新製品の開発や生産体制の改善への投資を実施